グリーンスムージーに健康被害があるって本当?

頭痛グリーンスムージーは健康の為に飲む葉野菜とフルーツを混ぜ合わせた飲み物です。

でもインターネットなどで調べてるうちに「グリーンスムージーには健康被害がある」という情報も多く出ていますよね。

当サイトでは、このグリーンスムージーの健康被害について調べてみました。

まず健康被害でよくある症状としては、
 下痢になる
 頭痛がする
 胃痛がする
このような症状が出る事があるそうです。

これらの健康被害の原因としては、「グリーンスムージーの過剰摂取」が主な原因だと言われています。

特にグリーンスムージーは生野菜を使いますので、農薬や虫などが残ったまま、ミキサーに入れてしまう可能性も充分に考えられるのです。

グリーンスムージーは野菜の中でも「葉野菜」を使います。この葉野菜には高い栄養素も豊富に含まれているのですが、リン酸やカリウムなども含まれています。また窒素も含まれてますよね。

これらはすべてがカラダに良いものばかり、とは言えません。こういった成分が入っていることから、グリーンスムージーの健康被害について噂されてしまうのです。

では実際にはどうしたら良いのでしょうか?

グリーンスムージーを安心して飲む為には?

グリーンスムージーで健康被害にあわない為にはどうしたら良いのでしょうか?

 葉っぱを広げてしっかりと洗う
 煮沸殺菌をしっかりとする

まずはこの2点をしっかりと守ってください。これだけで安心して葉野菜を使う事が出来るようになります。

グリーンスムージーだから、と言って適当にミキサーにかけてしまう方も多いのが現実です。

ここはしっかりと洗って、安心してスムージーを飲めるようにしましょう!

またいくら健康効果が高いからと言って、過剰摂取はオススメ出来ません。もちろん飲む方の体質にもよりますが、生野菜に不安要素が多くありますので果物を多めにグリーンスムージーを作った方が安心感は高くなります。

特に食物繊維なども入っているため、便通が良くなるのは当然なのですが、それを通り越して下痢になるようなら過剰摂取だと思っても良いでしょう。

しかもグリーンスムージーを飲み始めた頃には、体調にいろいろと変化が現れますので、あまりにも体調が悪くなるようでしたら飲む量を減らす事も大切な事です。

グリーンスムージーのような健康効果の高い飲み物や食べ物などは、摂取すればするだけ効果が出る!と思う方も多いのですが、やはり過剰な摂取は控えたいところです。