グリーンスムージーのキャベツレシピ!

キャベツグリーンスムージーは基本的には葉野菜とフルーツのみで飲むものです。ほうれん草や小松菜などが葉野菜では有名ですね!

でも実際には、きゅうりやトマトなどを入れたりしても良いです。どうしても同じ味ばかりですと飽きてしまいますし、葉野菜以外でも健康に良い野菜を入れる事で美肌効果やその他の健康効果を体感する事が出来るのです。

その中で「キャベツ」を入れたレシピ!をお考えの方も多いのではないでしょうか?

当サイトとしては、キャベツや人参、トマト、キュウリをグリーンスムージーに入れてアクセントをつけるのは良いと思います。

ただキャベツを中心にグリーンスムージーのレシピを作ると次のような問題も出てくるそうなのでグリーンスムージーにキャベツを使った時のデメリットをまとめてみたいと思います。

グリーンスムージーとキャベツのレシピはダメ?

キャベツをグリーンスムージーに多く入れる事で、お腹の中にガスが溜まると言われています。でんぷん質の野菜だとこのような状態も考えられるようです。

また腸内にガスが溜まるだけではなく、葉野菜とフルーツの吸収を悪くする事にも繋がってしまうのです。

グリーンスムージーのレシピの中で、料理によく使うキャベツを・・・という方も多いのですが、出来ればキャベツは使わない方が良い!という意見が多いのも事実ですね。

ただみなさんご存知のクックパッドを見てみると、グリーンスムージーにキャベツを結構使っているレシピも多く出ています。

キャベツを毎日入れて飲む、という事はやめた方が良いとは思うのですが、毎日ローテーションでいろいろな葉野菜、フルーツを変えていきながら、その一貫でキャベツを使うのは良いと思いますよ。

グリーンスムージーは基本的には小松菜、ほうれん草、パセリ、水菜などを順番に入れて飲むのが効果的!

やっぱり葉野菜中心にはしたいところですね^^